Y氏のレトロゲーム探訪

  • 16

2018/10/29 Mon

第15回 楽市楽座イオンモール宮崎店と宮崎名所探索ツアー

宮崎の街中 Y氏のレトロゲーム探訪、今回は宮崎にやってきました!

楽市楽座イオンモール宮崎店 まずは楽市楽座イオンモール宮崎店へ!

広々とした店内 かなり広々とした店内には子供から大人まで楽しめるゲームが幅広く揃っていました。

クレーンゲーム クレーンゲームはもちろんの事、

メダルゲーム メダルゲーム、

ムーバー系 ムーバー系、

レーシングゲーム レーシングゲームなどなど充実。

キッズスクエア 遊具で遊べるキッズスクエアもあり、店舗だけで一日中楽しめる感じです。

巨大なゲーム機 最近ではアーケードの対戦ゲームにも力を入れているそうで、巨大なゲーム機が大量に設置されていました。好きな人にはたまらない光景なはず!


【はにわ園】

はにわ園の平和の塔 さてさて、楽市楽座で最新のゲームを楽しんだ後は
ゆる〜く珍スポット系も楽しんでみるというのはいかがでしょうか?
宮崎の中心街から車でおよそ15分の場所にある宮崎県立平和台公園。

住所:宮崎県宮崎市下北方町越ヶ迫6146

ここには巨大な「平和の塔」があることで知られています。
この塔は紀元二千六百年(初代天皇である神武天皇が即位してから2600年)を
記念して昭和15(1940)年に造られたもので、高さは36.4mもあります。

はにわ園のはにわ この迫力ある塔の奥にひっそりとある「はにわ園」。

はにわ園のはにわ2 このはにわたち、どこかの造園会社もしくは石材店で作られたものに思えますが、なんと
本部マサ(ほんぶまさ)さんという一人の女性の手によって作られたのだそうです。

はにわ園のはにわ3 それにしてもひとつひとつのクオリティが高くて驚きます。

はにわ園のはにわ4 さまざまなポーズ、さまざまな表情のはにわたちが出迎えてくれます。はにわたちは良い具合に自然に溶け込み、あたかも古代からこの場所に存在していたかのような雰囲気をかもし出しています。

はにわ館 はにわ園の中には はにわ館という資料館もありますよ。


【青島神社】

青島 宮崎といえばここ!というスポットにもぜひ訪問しておきたいところ。
市の中心部から南に車を走らせると青島神社があります。

住所:宮崎県宮崎市青島2-13-1

青島神社 青「島」とはいうものの、いわゆる陸繋島(りくけいとう)のようなもので、ほぼ陸地とつながっています。橋を渡るあたりから出てくるのが奇岩「鬼の洗濯岩」。定規で線を引いたように真っ直ぐな板状の岩がはるか向こうまで広がる不思議な場所です。

青島神社2 亜熱帯性植物と神社、面白い組み合わせです!

青島神社3 境内にはここはホントに神社なのかな?!というような光景が広がっています。
まるでジャングル?

青島神社のお土産屋 そして、青島神社でレトロ好きのココロをくすぐるのが参道のお土産屋街。

青島神社のお土産屋2 こういうのがまだ現役で売られているのがすごい!

青島神社のお土産屋3 昭和レトロなお土産品が眠っていますのでワクワクしますよ。


【おぐら】

おぐら外観 ちょっとお腹が空いたので中心部に戻って腹ごしらえをしたいと思います。
宮崎に来たらここ!という店舗「おぐら」。

住所:宮崎県宮崎市瀬頭2-2-23

おぐら看板 昭和30年代の創業でチキン南蛮の聖地とも言われる老舗です。

おぐら外観2 いつも行列ができているほどの人気店です。

おぐらのチキン南蛮 こちらが名物のチキン南蛮。もう何も言うことはない!というレジェンド級の美味しさでした。レトロな店の雰囲気も楽しいですし、並んでも食べたい味です。


【文化ストリート】

文化ストリート チキン南蛮の聖地「おぐら」のすぐ近くには面白いレトロスポットがあります。

文化ストリート2 アーケード商店街の横に伸びる「文化ストリート」です。

住所:宮崎県宮崎市橘通東3-2付近

文化ストリート3 戦後の闇市から発展していった商店街で、昔は宮崎で一番の繁華街と言われるほどの賑やかさだったそうです。

文化ストリート4 現在は多くの店がシャッターがおりている状態になっていますが、近年ではそのレトロな雰囲気と家賃の安さに惹かれて古着屋や雑貨屋などを開業する人が増えてきているのだとか。

文化ストリート5 文化ストリート6 とても古い商店街なのに若者向けのおしゃれな店舗があったりして面白い空間が作り出されていました。


【縁日堂】

縁日堂外観 最後はレトロゲームがある縁日堂へ!この、年中縁日な雰囲気!

住所:宮崎県宮崎市新名爪313

縁日堂内観 店内には90年代後半頃のものと思われる微レトロな筐体がたくさん。

GUNMEN WARS こちらの「GUNMEN WARS」は1998年のナムコ製。標識などでデコレーションされた本体が特徴的。
固定された銃でフィールド内の対戦相手を倒しておくゲームで、ちょうど「荒野行動」のようなイメージ。

GUNMEN WARS2 プレイ料金は太っ腹の20円!もしかしたら探しているという方もいるかもしれないですね。

LINES BALL YUBISの「LINES BALL」。いわゆるスマートボールというやつですね。

縁日堂内観2 縁日堂内観3 このあたりの筐体もあと10年も寝かせたらレトロゲームとしての地位を確立していくことでしょう。


【まとめ】

まとめ レトロスポットも珍スポットもグルメも非常に充実している宮崎県。
大満足の旅となりました。

まだまだ巡ることができていないスポットもたくさんありそうですので
また機会を改めて訪問してみたいと思います。

  • 16
Y氏のレトロゲーム探訪

福岡発の人気ブログ『福岡路上遺産 -Y氏は暇人 -』のY氏が、レトロゲームを探して各地を巡り、ちょっと変わった観光スポットをご紹介。ただ古いだけじゃなく、どこか懐かしい、レトロゲームを探しに出かけよう。