Y氏のレトロゲーム探訪

  • 5

2018/12/26 Wed

第17回 楽市楽座黒崎店周辺を探訪

Y氏のレトロゲーム探訪、今回は北九州の黒崎にやってきました〜!



【楽市楽座黒崎店】

まずは今回の拠点となる楽市楽座黒崎店へ!

住所:福岡県北九州市八幡西区桜ケ丘町1-3


一階がドン・キホーテなどのテナントが入り、二階が楽市楽座になっています。
店舗の奥に工場の煙突が見えているのがいかにも北九州ぽいですね。

広々とした店内には最新のゲーム機がズラリ。

メダルゲームは大型機から小型機まで充実しています。

お子様向けのゲームもたくさんありました。

音ゲーがやけに充実しているのが黒崎店の特徴。

楽器系からダンス系まで音ゲーファンにはたまらないラインナップとなっています。
上を見ると扇風機まで完備していて至れり尽くせりです。

もちろんクレーンゲームも豊富です。

これはファミリーで一日中楽しめますね〜!

では黒崎の見どころを巡っていきたいと思います!



【井筒屋 黒崎店】

駅を出てまず目に入るのが井筒屋黒崎店の巨大な姿です。

住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎 1-1-1


元々は「黒崎そごう」だった建物に、平成13年に井筒屋八幡店が移転して井筒屋黒崎店となりました。いかにも「百貨店」という感じのレトロな建物が良いですね〜。

ちなみに夜になるとこんな雰囲気。

黒崎駅から直結するエントランス部分はこんな感じでタイルが花柄っぽくなっていてかわいいです。かつては屋上に遊戯施設があったりしたそうです。

でも残念ながら井筒屋は来年5月で閉店となるそうです。



【黒崎商店街】

黒崎は駅前から南に放射状に道筋が伸びています。

その道筋に沿って大小さまざまな商店街があるのが特徴です。
八幡製鉄所の繁栄と共に栄えてきた地域で、この放射状の街並みは昭和初期に区画整理によって形成された計画都市なのだそうです。

天井の高い巨大なアーケード商店街から

昭和を色濃く残す市場まで、色々と見どころがあって歩くのが楽しいです。

見どころというかツッコミどころみたいなものもたくさんあります笑

商店街から少しそれるとネオン街が広がっています。



【宿場町としての歴史】

黒崎は古くは長崎街道の宿場町だった場所です。

木屋瀬、飯塚、内野、山家、原田、そして黒崎の「筑前六宿」の中で最も栄えた宿場町だったそうです。

八代将軍吉宗の時代にベトナムからやってきた象もこの長崎街道を通った記録があるそうで、商店街には象のオブジェもありました。

熊手通りにある興玉神社は1565年に祀られた神社だそうです。
古くからある街なので、こういった歴史スポットが多いのも黒崎の特徴です。



【桃園公園】

商店街から15分から20分ほど歩いた桃園公園もレトロスポットとしてオススメです。

住所:福岡県北九州市八幡東区桃園3-1-7


昭和53年に北九州市制15周年を記念して作られた「わんぱく広場」には昭和なニオイのプンプンするコンクリート製の公園遊具がたくさんあります。

緑色に塗装されたカブトムシ。なぜそのカラーリング?!

こちらは蛍光色のネッシー。

そして、いかにもステレオタイプなタコ型の火星人!不時着したUFOから火星人が飛び出してきたという設定でしょうか?

昭和に作られたコンクリート遊具は耐久性的にちょうど作り変えの時期にきているそうです。もしかすると今後別のものに変わってしまうかもしれませんので気になる人はぜひ早めに会いに行って下さいね。



【シロヤ】

そして最後は北九州名物とも言えるシロヤのパンです。

住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎2-6-15


福岡県内に何店舗かあるシロヤですが、この黒崎店が本店です。
(※ちなみに創業の地は黒崎店からほど近い藤田店だそうです)

名物はオムレットとサニーパンなのですが・・・残念ながら既にこの日は売り切れ・・・。
いつも行列ができるほどなので、早めに来ないと無くなってしまうようです。さすが人気商品です。

ということであんぱんを買って食べてみましたが、これが美味いんです!

ちょうどいい量と甘さの餡がたまらないです。名物の陰に隠れている感のあるあんぱんですが、こちらもぜひオススメです。



【まとめ】

見どころの多いレトロな街並み黒崎。
散策が楽しい地域なので休日にウロウロしてみるのも良いかと思いますよ。

  • 5
Y氏のレトロゲーム探訪

福岡発の人気ブログ『福岡路上遺産 -Y氏は暇人 -』のY氏が、レトロゲームを探して各地を巡り、ちょっと変わった観光スポットをご紹介。ただ古いだけじゃなく、どこか懐かしい、レトロゲームを探しに出かけよう。