ニュース

2019/8/09 Fri

第360回筑後川花火大会レポート

2019年“令和”最初の筑後川花火大会も楽市楽座は協賛させていただきました。

西日本最大級。久留米の夜空を彩る花火は、2カ所の打ち上げ会場から行われ、ドカンドカンと連打する華やかなスタイル。
水天宮奉納花火として始まった歴史ある花火大会は約18,000発・来場者数は約450,000人と福岡はもちろん全国各地から訪れる混雑必至な花火大会です。
また、九州トップクラスの花火会社が参加しているのも魅力の一つ。

今回は台風第8号の接近もありましたが、無事に行われました。


ビューポイントも多数あり見やすい環境です。
大小様々な花火が一度に夜空を埋め尽くす瞬間は感動ものでした。

楽市楽座は、例年通り「篠山会場」側の最後の打ち上げに協賛させて頂きました。
最後に今年も楽市楽座パートの花火を動画でお楽しみください。



2020年の筑後川花火大会も、更に皆様に楽しんで頂けるよう楽市楽座は頑張ります!

それでは、来年お会いしましょう〜!